読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙の最果てへ、君と

!!!楽しむ!!!

たった一言、されど一言。

みなさんご存知、Funky8*1の天使こと今江大地くん。

最近では、好みの女の子やシチュエーションなど、恋愛に関する質問に鋭く切り返していることにも注目が集まっていますね!※わたし調べ

歴1年半の新規なので、自担の新たな一面を拝見する度に、付き合いたての彼氏を目で追っているときのような、ドキドキソワソワキュンキュンを味わっている訳ですが、今回に限ってはそんな風に甘っちょろくはない。

ちょっとしたことやのに油断してられへんなあ…そんなとこも好きやで……。

 

 

さて、わたしの周りでも物議をかもしておりました、2016年12月7日発売、WiNK UP1月号での今江くんの問題発言を、深く深く深く(参考:強く強く強く/関ジャニ∞)掘り下げようと思います。

紙面に掲載されたのがこちら!(本文より抜粋)

藤原「逆に自分以外の7人が女子やったら、誰にモテたい?」

今江「それ悩むな。古謝はジャニーズが好きやからな~。和也もないな」

 トークテーマは、“8人*2の中で一番モテるのは?”。

そこから派生したのが、上記の質問と、その答えである。

 

みなさんお気付きでしょうか。

今江くんはきっと何の気無しに、古謝くんが女の子だったら、ということを考え、古謝くん本人も自負しているジャニオタという部分を一番に思い出したんです、多分。

 

でも、わたしたちと同じ側の人間に対して、その思わせぶりな言い回しは何!?

いっそ拒否やん!?!?その「な~」は嫌がってる「な~」やん!?!?!?

 

と、思ったのですが、なんせ優しさの塊が擬人化したような不思議な世界観を持つ男・今江大地のことですから…なにか深い意味を含ませていたのかもしれない…。

そう考えたので、3パターンほど解釈してみました。

下線部がわたしの妄想で補った部分です、ご注意ください。もはや以下全て妄想です。

 

  1. ジャニーズが好きやから、恋愛対象ではないな~
  2. ジャニーズが好きやから、付き合うのは厳しいな~
  3. ジャニーズが好きやから、話合わへんと思うな~

ま~、希望的観測なんですけど!こんなニュアンスだったらいいのに、っていうわたしの妄想ですけど!

少し解説させていただきますね!

 

①恋愛対象ではない

これは可能性としては高いと思うんです。

今江くんのまじめな性格から、

「ジャニーズファンの人と恋愛するってどうなんやろう。」

って考えてもおかしくないと思うんですよ。

何より、

「ジャニーズやから僕のことを好きになったんかな。」

「ジャニーズじゃなかったら僕のことは好きじゃないんやろうか。」

「もしかして他のタレントに近づくためのステップにされてるん?」

とかって不安になる今江くん、めっちゃ可愛くない???

 

②付き合うのは厳しい

基本的には①と同じ考え方ですね。

お仕事や学業に対するまじめな姿勢から、お付き合いとかには慎重なんじゃないかな~。

しかし、恋愛対象ではある(という設定)。

「別にモテる分には構わんけど、アピールされても困るねん、付き合えへんし。」

っていうスタンス。クッソ好き。

だって、雑に扱われたいだろう???

めっちゃ優しい今江くんに、あえて邪険に扱われたいだろう???

まるで朝田淳弥のようになあ???

「君のことは女の子として見てるけど、関係を進めたいとかはないから。」

ッカァ~~~~~~~~!!言われたい!!!

 

③話合わへんと思う

これもまあまああることやろ?(ない)

今江くんは(半ば自虐だと思うほど)自分はアニメオタクだと語ります。

ジャニオタとアニオタ・二次オタは程遠いものだと思っているのかしらね…

実際はそんなに変わらないと思うんですけどね…個人的にはね…

そんな理由で遠ざけられてる!距離置かれてる!

でも、

「趣味が全然違うし、一緒におっても楽しくないんちゃうかなあ。」

「僕ジャニーズやけど、ジャニーズ好きな女の子の話きいてあげれるかなあ。」

「いや~やっぱり無理ちゃうかな~合わんよな~」

って考える今江くん、紳士やな。

相手の女の子を思いやる気持ちやもんな。

あっ、わたしの中ではですけども。

 

 

あれれ。

今回は雑誌の発言を分析して掘り下げるつもりだったんですが、ただの妄想になってしまいましたね。

自分を律しきれていなくてすみません!

訂正します!(手遅れである)

これは妄想ブログです!

 

お粗末さまでした!

*1:関西ジャニーズJr.の藤原丈一郎、今江大地、大橋和也、草間リチャード敬太、朝田淳弥、古謝那伊留、末澤誠也、林真鳥による非公式ユニット。2015年の中山優馬ファーストコンサートにバックダンサーとして選抜され、屋良朝幸より「Funky8」と命名された。

*2:Funky8の8人。